« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月25日 (木)

打ち上げ、ドンチャン騒ぎ!

過ぎてみればあっと言う間の10日間。 イベントのスタッフの皆さんもパフォーマーも 規模の大きいフェスティバルを終えて 一気にお疲れ様ムードになりました! そして深夜までドンチャン騒ぎ! 1374709766725.jpg 打ち上げの会場となったコークのパブ。 とても広いところで、ステージでは生バンド。 ファンクな音でダンスホールも熱くなりました。 1374709777096.jpg 肌の白いアイルランドの女子と並ぶと 僕は黒いでしょ! だいぶ、日焼けしました。 1374709784973.jpg 最初は緊張して話しかけずらかった皆さんも、 毎日、一緒に語り笑ったお陰で とても打ち解けることができました。 1374709791631.jpg イベントのオーガナイザーである マークさんも、コナーさん。 二人ともいろいろアドバイスしてくれて、 大変お世話になりました。 おせいじだろうけど、 「アキラがこのフェスティバルにいて本当によかった!またアイルランドに来いよ!待ってるぜ!」と言ってくれました! 今回のフェスティバルで感じたコトを 早く日本で試し、磨きたい気持ちでいっぱいです。 最後に、 今回このアイルランドのフェスティバルを 紹介してくださった日本のパフォーマー ファニーボーンズの皆さんに感謝の気持ちを お伝えしたいです。 ありがとうございました!! つづく。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コークのフェスティバルを終え

7月21日、この日はコークでの パフォーマンスフェスティバルの最終日でした。 1374706699759.jpg 13時から18時まで休憩を挟みながら 思う存分、描かせてもらいました。 1日前はアンプの調子が出ず 悔しい思いをしましたが、 この日は絶好調でしたよ! 1374706732843.jpg 休憩に入ると、声をかけて来た彼。 お金がないからとチョコレートをくれたので、 お返しに彼をキャッチ。 1374706771885.jpg コークの街並みをシルエットで切り取った、 『あした』。 1374706795921.jpg 髪を短くしてとてもパフォーマンスしやすくなり、 飛び跳ねる度に目に入る前髪もなくなりました。 1374706831347.jpg 子供たちも多かったのですが、 どうしても絵が欲しくて、 ずっと待っていたという恥ずかしがり屋の 兄弟には似顔絵をプレゼントしましたよ。 1374706877354.jpg とにかく、あらゆる人に出会えて 楽しんでもらって、絵を受け取ってもらえて とても充実した2日間でした。 地元の方が言ってたのですが、 この晴天続きは40年ぶりで、 こんなことはまずないそうです! アイルランドに来てお天気に恵まれたのも 奇跡でした! アイルランド帰りとは思えない 真っ黒い顔で帰国する日も迫ってきました。 つづく。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

海外に来て想うこと

今日は寝る前にブログを書くことができたので、 書きまーす。

1374364580246.jpg

初めて海外に行ったのは、2007年の韓国でした。 それが、外国での初フェスティバルだったんです。 それから翌年、パリに行って、シンガポール、 そして、しばらく年月が経って去年再びパリ、 イタリア、 そして今年はイギリスとココ、アイルランド。 今回は英語の国なので、ほんの少し気が楽です。 僕は昔から音楽や映画の影響もあって ずっとアメリカに行ってみたいと 思っているのですが、絵を描いているから、 芸術豊かな国に行っておかないとなぁと思い、 敷居の高そうなヨーロッパを先に選びました。 しかし、ヨーロッパに来てみると、 意外にしっくりくる所があって、 行きたいアメリカはあとあとになっています。 言葉の壁は毎回強烈に迫ってくるのですが、 代々木公園で外国人の方と話す機会が多いので 自分がよく聞かれる言葉、 例えば 「この絵いくらですか?売っていますか?」とか 「写真撮ってもいいですか?」とか そんな感じの応答がスタートでした。 それで少しずつ話す意欲を強くしていきました。 今回、アイルランドのフェスティバルには 英語圏の国々から来たパフォーマーばかりで、 ショーもメチャクチャしゃべります。 ベッドセット付けていないパフォーマーは 僕くらいです。あんなに英語が話せたらとも 思います。 しかし、僕は絵を描いているおかげで、 深いことを語って伝えているのでは? とも思います。 ジョークは全くありませんが。。 なんか、伝わってるんだろうなぁーという 実感があります。足を停めてくれる人も 日本と変わらずです。 なので、とりあえず困ることはないかもしれません。 しかし!海外のパフォーマーの大きいスケールを 目の当たりにすると正直悔しいです。 いろんなことが刺激になって、 マネはしませんが、もっと!もっと!と思います。 畑をコンバインでダダダダー!と耕すような そんな感じで自分の硬くなった所を掘り返されます。 そういう状態で日本に帰り、また時間をかけて 再構築して作って行く。 そんなリズムがここ数年の僕の発展方程式になっています。 日本に帰ったらすぐ取りかかりたいことができました。 明日はコークでのフェスティバル最終日。 思いっきりやって、ロンドンまで残しておこうと 思っていたスケッチブックも使い切る決意です。 明日はどんな報告になるのやらー! 歓喜の文面が書けたらいいなぁー。

つづく。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

ギネスビール工場見学

毎日、いろんな企画で楽しませてもらっています。 この日はダブリン市内のギネスビール工場を見学してきましたよ!

1374319098373.jpg

代々木公園でパフォーマンスした後、 代々木八幡のアイリッシュパブでいつも 美味しいギネスを飲んでいる僕ですが、 本場のギネスを工場で飲めたなんて とってもハッピーでした。

1374319107897.jpg

クリーミーな泡が特徴的な黒ビールですが、 あまり冷たく冷やしてないのが僕は好きです。

1374319113910.jpg

工場を見学した後は、 工場のガイドさんに連れられてVIPルームへ。 そこでは、ギネスビールの美味しいつぎ方講座 パフォーマーの皆さんと受講しました。 誰が一番上手につげるコンペディションがあって、 なんと、僕がまたまた一番上手と 工場の方に評価してもらえましたよー! ドッグレースに続きサプライズ!

1374319120670.jpg

これが証明書。 昔バーテンでバイトをしていたのが役にたちましたわ。

1374319125891.jpg

集合写真も撮ったし、

1374319132554.jpg

ギネスTシャツもかわいいのが見つかったし、 いい日でしたーー!

つづくーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

アイルランド、オフの日々。

こんにちはー! ダブリンのフェスティバルが終わり 次週のコークでのフェスティバルまで 平日はイベントスタッフさんたちが企画した パフォーマーファンDayで楽しく気分転換してもらっています。 7月16日は『Go on Wild Wicklow Tour』で 出演者の皆さんと貸切バスでダブリンを離れ 100キロくらい南のウィックローという街にある 遺跡めぐり、湖、山を歩きました。

1374235298500.jpg

特に遺跡である『グレンダーロッホ』は とても美しいところでした。

1374235306198.jpg

多分、アイルランドのパワースポットだったん じゃないかなぁーと思います。 英語のガイドだったので詳しいことは 聞き取れませんでしたが、 1500年も前に建てられた修道院があり、 アイルランドのキリスト教の聖地だそう。

1374235310583.jpg

とても透き通った気持ちになれる場所でした。

1374235315493.jpg

海も最高ー!

1374235322222.jpg

水着はあったのだけど、水が冷たくて 泳ぐのは断念しました。

1374235328507.jpg

湖ではパフォーマーの方にひょいと担いでもらって 鳥になった気分。

1374235334820.jpg

アイルランド美しい風景とともにゆっくり流れる 時間にとても嬉しくなりました。 夜、ダブリンに戻りこの日のディナーは ドッグレース会場だということで、 ギャンブルしながら楽しもう!企画でした。 6匹の犬が走り、その順位を当てるゲーム。 1着を当てるだけでも楽しいのだけど、 当たっても2倍なので、少額をかける僕はおもしろくないと思ったので、1〜3着を当てるトリオという 買い方をしました。

1374235340771.jpg

そしたらなんと!それが当たってしまったのです! それにはみんなびっくり仰天で、 『Akira!! Win!!!』とみんな叫んでくれました。 お陰で、名前もみんな覚えてくれたし、 2ユーロの賭け金が、100ユーロになってしまいました!

1374235345917.jpg

そんなラッキーな出来事もあって、 旅先のおこずかいも増えたので、 ちょっと美味しいものを食べようかと思います。 旅のレポートはまだまだつづきます。

またぁーー! CATCH!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

ダブリン散策

フェスティバルが一段落して、 昨日は宿の近くを散策しました。 1373965446070.jpg

ダブリンの中心部から車で5分くらいの場所なので とても便利なところです。

1373965456397.jpg

二階建て観光バスにも乗ってみたい。

1373965463564.jpg

宿のすぐ近くにある教会もステキな感じ。

1373965470901.jpg

教会の入口はこんな感じ。

1373965481033.jpg

古い建物の中にこんなポップなアートが。

1373965496506.jpg

スーパーのポスターのキャラクターがおもしろい。

1373965512889.jpg

スーパーのカゴもかっこいい。

1373965521079.jpg

サンドウィッチの種類が豊富。 とまぁ、こんな感じでキョロキョロしながら 散歩しましたよ。 街はとても安全な感じで、 安心して散歩できます。

1373965529479.jpg 1373965537771.jpg

雨がよく降るダブリンだそうですが、 まだ一日も雨に当たっていません。 とても過ごしやすい気候です。 東京にいる弟には申し訳ないけど、 うちのクソ暑いアパートのことはもうしばらく 忘れます。ちゃんと、洗濯してくれているかな?

それではまたー! つづく。。run CATCH!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブリンのフェスティバル最終日の余韻

こんにちはー!SPWC@ダブリン最終日、 ようやくこちらの人をキャッチしたかなぁーと 思える一日でした!

1373909134811.jpg

振り返ればフェスティバル初日、 会場となった公園の広場に到着すると、 どこか空いている場所を見つけて パフォーマンスするといいよ!とスタッフの方に言われて、 見つけた場所でスケッチブックを広げスタートしました。 横の広いオフィシャルステージでは 海外から集まったパフォーマーが堂々とたくさんの 人を集め、大音量でやっている姿。 僕もあんな風にやってみたいと思いつつ フツフツと来る負けん気で描き始めました。 気がつくと少しづつお客さんも増えてきていて スタッフの方もやっぱりこの場所では狭いよね?という 感じになってきて、 翌日はオフィシャルステージの空き時間を 僕のショーのために用意してくれました。 でも、まだまだ、外れのステージだったけど、 とにかく毎回気合いでショーをしました。 オフィシャルステージとはいえ、 僕の名前はタイムテーブルにないので、 僕を求めて来る人は前回のショーを観て口伝えに アナウンスした数人の人たちだけ。 広いステージに小さいスケッチブックが負けそうな 雰囲気からのスタートでした。

1373909144074.jpg

とにかく、目の前を通る人たちの足を とめなければ!と思い回を重ねて行きました。 そんな感じで最終日を迎え、 やっとこっちのお客さんとの間の取り方も 分かるようになって、 いいウネリが出てきました。 日本でやっているイメージとは違う何かを 体で感じることができました。 これはとても大きな発見でした。 描くテーマも顔の表情も、動きも、声も、音楽も、 大きく大きく大胆にゆったり表現するように心がけました。世界中でショーをしているパフォーマーの方々をじっくり観察していると、それがよく分かりました。小さくなっちゃいけない、堂々としなくては!と。 日本でやっているのとは違う何かを。 今の機会に自分を見直せたことは 今回一番の収穫だったと思っています。 苦戦した初日にありがとうと言いたい。 そして、変化と適応を恐れない自分に気付けて よかった! ダブリンからコークへ繋がると思います。 結果、最終日は初日の3倍の成果でした。 自分の殻がバリッと音を立てて剥がれた そんなダブリンでしたよ!

1373909152451.jpg

つづく。。run

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

ダブリンでのフェスティバル2日目

こんにちは! 地元の人も仰天の晴天続きです。 アイルランドはもちろん初めて来た国で、 英語圏でのフェスティバルは過去のシンガポール以来。 ロンドン到着から3日間が過ぎましたが、 どうにかこうにか英語も頑張っています。 今回のフェスティバル、アイルランド、アメリカ、 カナダ、オーストラリア、イギリス、スペインなど いろんな国々から集まったパフォーマーの皆さんと 共演させてもらっています。 ダブリン2日目は、昨日のパフォーマンスの評判が よかったのか、ユキンコ!ここでやってみないか? と広いステージを勧めてもらって僕もここぞとばかり張り切ってパフォーマンスしました。 しかし、急遽飛び入りなので、タイムテーブルには名前がないので毎回僕を目当てに来る人はいなくて スタートする時は誰もいない状況。 だからその場でお客さんの足を止め、 ショーを作っていきました。

1373798399310.jpg

写真は1回目の模様ですが、 昨日は3ステージさせてもらい、 徐々にお客さんもリピートしてくれて 初日の3倍集客できました。

1373798407333.jpg

海外のパフォーマーのビックショーを横目に もっとたくさんの人を相手に表現できるよう、 工夫と挑戦は続きます。 ダブリン最終日もキャッチできますように!!

それではまたーー! CATCH!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

ダブリンでリズぺ初披露の巻

こんにちは!おはようございます。 11日から始まったSPWC(ストリートパフォーマンスワールドチャンピオンシップ)in ダブリン。 3日間の幕開けでした。

1373700341946.jpg

フェスティバル初日もすごく、すごく、いい天気。 これが当たり前の天気だと思っていたのですが、 ダブリンは天気が変わりやすく、 どんより曇った日が多いと現地の方に聞きました。 なので、地元ニュースにもなるほどこれは超珍しいことだそうです。 ここでも晴れ男ぶりを発揮できたなぁー! 僕も初日でドキドキしていて セッティングの時は誰もいない状況でしたが、 パフォーマンス開始後には徐々にお客さんも増えていき、よっし!と思いました。 日本から持って来たアンプのパワーが弱くて 音負けしてしまい、お客さんからももっとボリューム上げて!と言われたのだけど、それができずにムシャクシャしていた時、イベントオーガナイザーのボスがデッカいアルプを持って来てくれて、 これを使うといい!頑張れ!と親切に笑顔をくれました。あと、君はもっと稼げるから、投げ銭箱をもっと大きくしてずっと出しっ放しにしておくのと、このメッセージを書いて貼っておけ!とアドバイス。英語で書いてもらったそのメッセージを黄色いスーツケースに貼ってバッチリでした!

1373700350163.jpg

1373700356698.jpg

1373700361816.jpg

まだ、まだ、出し切れてない部分があるので、 2日、3日目とだんだんなじんでくるよう挑戦します。ダブリンで買ったスプレーも絵の具もまだ自分の色にしてないので、早くきれいな色が出せるようになりたいです。

1373700371852.jpg

昨夜、イベント終了したこのイベントで知り合ったご夫婦、アイルランド人のアリさんと、奥さんのヒロコさんに誘ってもらってアイリッシュパブに連れて行ってもらいました。

1373700379637.jpg

1373700385914.jpg

本場のギネスビールと、フィッシュアンドチップス を頂いて、最高に楽しく幸せな夜でしたー! 遠くまで来たかいがありました! 出会いに感謝!

それではまたー! CATCH!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

旅2日目。アイルランドへGo!

7月11日。 朝の6時に自然と目が覚めました。 緊張しているんだなぁ。 ロンドンの安い宿は一泊2000円ほど。 同じ部屋だったスペイン人のラモーンさんは いびきはちょっと大きいなぁ〜。。 そして、第2の大移動はロンドンからアイルランド。

1373615125965.jpg

急行列車で3時間40分とフェリーで3時間の旅で アイルランドの首都ダブリンを目指しました。

1373615133780.jpg

電車かっこいいでしょ!車窓からの眺めも最高だし、隣の席のお母さんも親切だったし、 すごいよかった! 終点駅のホーリーヘッド駅からフェリーに乗り換え セントジョージ海峡を渡りました。

1373615143094.jpg

船はとてもデカイやつ。船内は高級ホテルのようでした。

1373615148318.jpg

日本からずいぶん遠くに来たものです。

1373615153640.jpg

1373615159966.jpg

ダブリンの港に無事到着して、イベントスタッフの方とも合流して、無事アイルランドに上陸できました! やった!\(^o^)/

つづく。。 CATCH!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

23時間かけてロンドンに到着。

羽田空港→ドーハ国際空港(3時間まち)→ヒースロー空港の大移動、しめて23時間かけ 無事にロンドンに到着しましたー!

1373492675231.jpg

でもね、着いたのはいいのだけど、実感がなくて 初めてのロンドンだから ビッグベンを見てそれを感じようと思い、 重いスーツケースを持ってWestminster駅に行きました。

1373492686125.jpg

テムズ川沿いを歩いていると、大きな観覧車とか、 大勢の観光客とか、ざわざわ聞えてくる英語とか、 そういうのを感じているうちに あっ、だんだん来てるんだなーと思えてきて 心が落ち着いてきました。

1373492691893.jpg

そして、描きたくなったので、 イーゼルを歩道にセットして、1時間ほど 切り絵でスケッチしました。 それまで、誰かと会話する機会がなかったけど、 絵を描いていると何人もの人に声をかけられました。やっぱり絵を描くことが、一番手っ取り早い。 作品はまだ浮つく気持ちで手があまり動かなかったのですが、この行動を初日にしたことは よかったと思います。

1373492697487.jpg

そして、一度見ておきたかった場所である パフォーマンスのポイントコヴェントガーデンへ行きました。 一番広い広場にはビッグショーをやるパフォーマーが何組もいて自分の順番を待っている状態。 横からは入れない雰囲気だったけど、 自分も一度でいいからここで絵を描いてみたいと思いました。 2日目の明日はアイルランドに移動です。 2週間後またロンドンに戻った時どんな気持ちで 路上に立てるか楽しみです。

ではまたーー! CATCH

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

ロンドン、アイルランドCATCHの旅

1373418994511.jpg 1373419007100.jpg

7月10日、今日から 『ロンドン、アイルランドCATCHの旅』と題して 約3週間の旅の記録をブログに残そうと思います。 成田空港に来るまではあまり現実的でなかったのですが、 飛行機が離陸した時、一気に旅モードになりました。 今回はアイルランドに2週間、ロンドンに1週間滞在します。 特に、アイルランドではダブリンとコークで開催されるパフォーマンスフェスティバル、 SPWC(パフォーマンスワールドチャンピオンシップ)に出演することが大きな目的ですが、 ロンドンも初めて行く街なので、 いろんな場所に行ってみたいと思っています。 どんな旅になるか想像が付きませんが、 帰国した時、良かったな!と思える旅にしたいと思います。 それでは始まり、始まりー!\(^o^)/ CATCHrun

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »