« 地図帳を広げて | トップページ | 初雪のユキンコ号 »

2009年11月 1日 (日)

お別れのごあいさつ

青森を出発することにしました。

今日は、大変お世話になった

青森の演歌歌手、『藤はじめさん』宅へ。

「こんにちわ~!」

「おぅ~!入れ~。」

数日ぶりのはじめさんからまず聞かされたのは、

バリーのマスターのお母さんが

昨日亡くなられたことでした。

夜、通夜に行くとのこと。

僕も大変お世話になったので

ご一緒させていただくことにしました。

ギャンギャン騒ぐ、

はじめさんの愛犬”チビ”。

なかなか僕になついてくれない子で、

今日も吠えまくり。

リビングのソファーで、指を噛まれました。(お別れなのに。)

通夜まで時間があったので、

はじめさんとレストランでランチを食べ、

最後にどうしても、はじめさんと歌いたいと思ったので、

「はじめさん!

一緒に歌ってもらえませんか?」とお願いすると、

快く、OK頂きました。

そして向かったのは”はじめさんのお知り合いの方が

開いている、カラオケ教室。

そして、一曲だけ歌ったのは

はじめさんの曲、『おふくろ』。

思い出を重ね合わせて、

一緒に歌わさせて頂きました。

「あきら!おめぇ、うまくなっだなぁ~~!」と

お褒めの言葉。

そして、通夜の会場となった公民館へ。

微笑むお母様の遺影を前に、

さっき歌ったばかりのおふくろの歌が

浮かびました。

霊前でお焼香させて頂きました。

帰り、バリーのマスターに

「ありがとうな。また青森来いよ。」と言われました。

僕は声が詰まってうまく言葉が出てこなかったけど、

堅い握手をして、会場を後にしました。

運転中、

雪が急に強く降ってきました。

「今日は様子見た方がいいな。」とはじめさんに言われた。


つづく。。run

Catch!
Line_3

|

« 地図帳を広げて | トップページ | 初雪のユキンコ号 »

日本全国CATCHの旅2009」カテゴリの記事

コメント

青森最後の日は、
涙の味も、あたたかな言葉も、
尽きない人情とともに深く深く心に残る、
素晴らしい一日だったのですね。

北国らしい“さよなら”…。

静かに静かに降り積もる雪のように、
切ない想いが私の胸にも
しっとりとした重さを残してくれました。
こぼれる涙とともに。

投稿: haiironeko | 2009年11月 5日 (木) 15時09分

coldsweats02   あれまぁ~~!!

これは 大変だ~!! 

snow snow snow

投稿: non non | 2009年11月 5日 (木) 16時39分

突然の 御不幸weep
ご冥福を 祈りますthink

本当に 人の 運命は どうなるのか わかりませんよねthink
だからこそ 一日 一日を 大切に その時できる 事を 精一杯 やらなければrock 後悔しないようにrock

はじめさんと 歌った ”おふくろ”
...

心に 響く 歌声だった事でしょう

親孝行 しなくては.
後悔しないように...

投稿: ははっち | 2009年11月 6日 (金) 00時23分

旅の中での、悲しい出来事。バリーのマスターは、お母様をなくされ、悲しく、辛い事と思います。
お母様は、はじめさん、ユキンコさんが、来てくださって『ありがとう』って、きっと近くで見られてたことでしょう。


暫くは、見えない世界へ行くけど、また会えるよ

だから、そちらの世界で頑張ってね!


そんな言葉が浮かびました。

合掌

投稿: 渚 | 2009年11月 6日 (金) 12時45分

ユキンコさんの静かな文章は、人生や人情の機微を私に
語りかけ、胸に染みました。

人生は出会いと別れの連続ですが、その中に存在した
「心の通じ合った瞬間」はずっと生き続けます。

バリーのマスターさんも、お母様のお通夜にユキンコさんが
いらしたことを、ずっと記憶されていることでしょう。

チビちゃんにあまりなつかれても悲しみが増したかも。

私もアイルランドでお世話になった民宿のワンちゃんに
とてもなつかれ、帰る時ずっと追いかけてこられて、
半べそだったことを思い出しました。

投稿: YC | 2009年11月 6日 (金) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533459/32078941

この記事へのトラックバック一覧です: お別れのごあいさつ:

« 地図帳を広げて | トップページ | 初雪のユキンコ号 »