« 夜の討論会はピュアになる | トップページ | ばん馬に会って »

2009年9月 1日 (火)

神田日勝記念美術館へ

今日は鹿追町にある

『神田日勝(かんだにっしょう)記念美術館』へ行ってきました。
http://kandanissho.com/

IMG_0519

『神田日勝(1937~1970)』は、自分のことを

「農民である。画家である」と言っていたそうです。

戦後、開拓農民として東京から十勝の地に

家族で移住してきた日勝さん。

生まれた住所が東京都練馬区練馬1丁目ということで、

僕が東京で初めて住んだアパートの住所の近所であり、

新聞配達していたのも練馬1丁目だったので、

ちょっと嬉しかった。

IMG_0515

日勝さんのキャンバスは、麻布ではなく、

ほとんどベニヤ板とか、紙に描かれていました。

重厚な絵肌、力強いタッチ、

この画家を観てすぐ、ゴッホと重なりました。

IMG_0520


ゴッホは37歳で、

日勝さんは32歳で亡くなられた。

絶筆の作品は馬の絵でした。

下半身の部分で止まったその絵は、

なんだか、悲しいようだけど、

永遠に描き続けている日勝さんが

そこにいるような気がしました。

美術館を後にして、

夕方、リズムペインティングしました。

IMG_0543

この広い広い十勝平野の牧場を

イメージして描いた一枚は

『十勝の春』と名付けました。

つづく。。run

Catch!

Line_3

|

« 夜の討論会はピュアになる | トップページ | ばん馬に会って »

日本全国CATCHの旅2009」カテゴリの記事

コメント

広々として気持ちよさそうな所ですねshine
若くして亡くなった『神田日勝さん』、きっと馬の絵を完成させたかったでしょうねconfident

『十勝の春』
十勝平野を開墾された方々の気持ちが入っているように感じられました☆
遠く離れた父母や友を想い、頑張ろうという気持ちと、少し寂しい気持ちが感じられましたconfident

ユキンコさんが長袖という事は、寒いんですね
今日は、こちらは真夏のような猛暑でしたsweat02

涼しい北海道うらやましいなぁcoldsweats01
ユキンコさん、素敵なレポートありがとうheart01

投稿: 渚 | 2009年9月 5日 (土) 19時37分

『その時を待つ』
ありがとうございます。

感動しました。

神田日勝は母も大好きです。
あの馬の絵を見る度、
なぜかいつも何とも言えない気持ちになります。
又、見に行こうと思いました(*^_^*)

投稿: 空豆大福 | 2009年9月 5日 (土) 21時16分

画家の絶筆作品というのは、いつでも胸に迫るものが
ありますねweep

日勝さんの絶筆作品はマグリット風にも観えました。

板なのにゴッホっぽいのですか?やっぱり油絵は実際
観ないとマチエールがわからないものですね。。。

夭折した画家の多さ、そしてその短い人生で彼らが成し得た
画業に打ちのめされることがあります。でも「生きたこと」を
「絵」という美しいもので残せる画家が羨ましいです。

日勝さんの、「どう生きるか、の指針を描くことを通して
模索したい」という言葉は、ユキンコさんの人生哲学にも
通じるのではないでしょうか?

『十勝の春』、とても北海道という感じがしました。

投稿: YC | 2009年9月 5日 (土) 21時36分

アキラさん…横で…日勝さんが…見てます…eyesign01
アキラさんは日勝さんの 生まれかわりなのかも

投稿: あつこ | 2009年9月 5日 (土) 22時23分

キャッチの旅、やってますね!!
ファニーボーンズのブログにユキンコの事、書いちゃいました。よい旅を☆

投稿: funnybones | 2009年9月 5日 (土) 23時02分

日勝さんの 絵は どことなく 寂しいけれど 自然と 一体と なった 力強さが ありますねconfidentrockshine
日勝さんの ホームページに よって きました

芸術って やっぱり 凄いなconfidentrockshineshine

ゆきんこさんの 絵も 北海道の 広大な 大地が くれた 贈り物の ようですねconfidentshineshinesnowartshineshine

ゆきんこさん これからも、 のびのびと ゆきんこさん らしく 絵を 描いて 下さいねconfidentnoteclovershinesnow

投稿: ははっち | 2009年9月 5日 (土) 23時19分

広い空、気持ちがいいですねclover

神田日勝さんの作品をWEBで拝見して、
そのはっきりとした色使いが印象に残りました。
なんともいえない力強さからはあたたみが感じられるようで…
間近で観ると、また印象は変わるでしょうか。
絶筆の馬の頭部には魂が宿っているよう…
これから最後の光が点ろうとしていた瞳に、胸が切なくぎゅっとなりました。

『十勝の春』…
深呼吸して、ゆったりと流れる時に身を委ねたくなりますshine
以前に行った、萌える新緑と馬たちの毛並みが艶やかに輝いていた牧場を思い出しましたconfident

投稿: haiironeko | 2009年9月 6日 (日) 00時10分

おつかれさまです。
「十勝の春」
改めて見ると、再び欲しくなりました。
往生際が悪いですね…

投稿: maco | 2009年9月 6日 (日) 11時01分

この絵を見るとユキンコアキラは感受性が強く繊細な所がある様に感じますm(._.)m。
それでいて南国のイメージも纏っているユキンコアキラは不思議な人物ですね(^-^)/。
これからも色んな場所で感性を磨くべく頑張って下さいm(._.)m。

投稿: Mars | 2009年9月 7日 (月) 07時39分

run  この日 藤丸前に 駆けつけた時 sweat02。。

丁度 出来上がっていた shine 十勝の春 shine。。。

xmas 白樺の 防風林が 印象的な。。

素敵な 一枚 でした  shinesnowartnotesshine 

投稿: non non | 2009年9月 8日 (火) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533459/31243688

この記事へのトラックバック一覧です: 神田日勝記念美術館へ:

« 夜の討論会はピュアになる | トップページ | ばん馬に会って »