« 狸小路商店街へGO! | トップページ | 空飛ぶペンギンをキャッチ!!! »

2009年9月24日 (木)

小樽運河とウ井スキー工場

map-otaru

朝から雨がポツポツ。。 rain

今日は、札幌から小樽~余市に行ってきました。

D1010014

↑『小樽運河』です。 shine

観光名所ということで、

運河にある広場にはたくさんの人。

ここでリズムペインティングできるかなぁ~? confident


そして、次に訪れた街『余市』

ここでは『ニッカウ井スキー』の北海道工場を見学。 eye
http://www.nikka.com/

D1010003

ウイスキーの製造過程を見学できるだけではなく、

『日本のウイスキーの父』と呼ばれた、

ニッカウ井スキーの創業者

『竹鶴政孝』さん(1894~1979)のことも

深く知ることが出来ました。 eyeglass

今から約90年前、24歳の竹鶴さんは

ウイスキー造りを勉強するため単身、

スコットランドに留学されたそうです。 bearing
(大正時代ですよ!すごい!)

D1010005

そして、本場のウイスキーづくりを学び、

後にスコットランドにた風土の余市の地に

大変苦労してこの工場を構えたそうです。

工場内の建物も、当時の住居も観れるようになっていて、

『ウイスキー造りの情熱と、

こだわりと、継続』


感じることができました。 confident

D1010004

↑石炭を燃やして蒸溜するんだぁ。

ウイスキーのふわ~んとしたピートの香ばしい匂いgood

D1010010

長い年月を経て、

ゆっくり深まって行くお酒と同じように。。。ね。 wine


20090924160236

おしいいお酒には、

いろんな人生も溶け込んでいるんだなぁ~

感じたのでした。 confident


つづく。。。。run

Catch!
Line_3

|

« 狸小路商店街へGO! | トップページ | 空飛ぶペンギンをキャッチ!!! »

日本全国CATCHの旅2009」カテゴリの記事

コメント

私はこの小樽運河の風景からも、広大な大地とは違った北海道らしさを感じますshine
ここでパフォーマンスしたら、どんな感じになるのかなぁconfident

ウイスキー工場の看板とユキンコさんの写真、キレイな光が差していますねshine
モノと人の歴史に触れることも、大切な心の栄養…
静かに素敵な時間、よかったですねhappy01
余市というところは、スコットランドに似た風土なのですね。
前に行ったエディンバラの街の空気を思い出してみたりして…懐かしい…confident
こだわりと情熱が溶け込んでいるウイスキー、
しっかり味わいたくなってきました。
(まだ朝なのにsweat01

投稿: haiironeko | 2009年9月28日 (月) 10時14分

confidentheart04   ユキンコさん 毎回。。

本当に 素敵なブログ ありがとう。。

karaokesnowcamerashine 素晴らしい レポートに。。

いつも 感動しています。。。 heart02shine

投稿: non non | 2009年9月28日 (月) 16時57分

ウイスキーと 言えば、昔 コマーシャルで 仔犬 が さまよう ちょっと セピア色な 感じの かわいいけれど せつない なんとも言えない、物語のようなのが あったんですよdogdog
あの CM みる度 なけたなぁ〜weepshineshine

ゆきんこさんの レポート 読んでたら また 昔の 事を 思い出して
しまった confident 優しい 時間が 流れましたconfidentshinesnow

”ウイスキー造りの 情熱と こだわりの 継続 ”
ゆきんこさんの 絵を描く姿勢と 似てますねconfidentsnowartshine
情熱を持って 継続を 貫いて いる ゆきんこさん snowsnow
ゆっくり ゆっくり 熟成されて 今より もっと もっと 味のある人に なって下さいねsnowconfidentshinescissors

投稿: ははっち | 2009年9月28日 (月) 21時18分

北海道は日本のスコットランドと言われてますものね(同意!)。

私もエジンバラのパブを懐かしく思い出しました。ウィスキィーも
勧められて味見しましたけど、コクのある深い味わいでした。
お店の人に閉店後も引き留められ、スコットランド人スタッフの
皆さんの、お疲れ様の1杯につき合ったのもいい思い出ですconfident

スコットランド、特にハイランド地方の雄大な自然はユキンコさん
の感性に合うかもしれませんよsign02  ロン毛の牛とか、濃紺の湖
とか、動植物も個性的だしaries

ユキンコさんのウィスキー作りに関する感想は、そのまま絵にも
あてはまるような気がしました。「情熱、こだわり、継続」を礎に、
長い年月をかけてゆっくり深まる、いろいろな人生が溶け込んだ
art

この先、どんな作品が生まれるのでしょうnotes

投稿: YC | 2009年9月28日 (月) 21時42分

一番最初に行った北海道、遥か遠い昔のように感じますshine
『小樽運河』行きました☆
外にはチラチラ粉雪が降って、その日はとってもたくさんの烏がいました☆

『ニッカウ井スキー工場』懐かしいです。
あの時は、中で試飲できたんですよwine
とっても、美味しかったです
工場の中も変わってないなぁ〜なんて思って、嬉しかったですshine

ユキンコさん、素敵なレポートありがとうheart01

投稿: 渚 | 2009年9月28日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533459/31548312

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽運河とウ井スキー工場:

« 狸小路商店街へGO! | トップページ | 空飛ぶペンギンをキャッチ!!! »