« 暗い車内で明るい絵 | トップページ | 岡山県へ上陸 »

2009年7月 2日 (木)

鳥取砂丘から

鳥取市の市街地から

車で15分くらいにある

『鳥取砂丘』へ。

sakyu-map

やっと雨も止んでくれました。

曇り空の下、

広い砂丘を歩きました。

IMG_0729

この砂丘の砂はどこから来たのか?

調べたら、元は中国山地の岩石らしいです。

それが川を流れて日本海に行き、

潮の流れと、風によって生まれたそうです。

自然の力って本当にすごいです。

IMG_0761

人は少なかったけど、

砂丘に無数に残る、足跡。

いろんな靴の形、裸足の形、

中にはヒールの跡も。。

こういうところを歩くのは初めてだったけど、

道がなくて、どっちに行ってもよくて、

木もなく、人もあまりいない。

美しいとも感じたけど、

ちょっと寂しい気持ちにもなりました。


つづく。。run

Catch!

Line_3

|

« 暗い車内で明るい絵 | トップページ | 岡山県へ上陸 »

日本全国CATCHの旅2009」カテゴリの記事

コメント

足跡がから無風の日なんだな…っていうのが分かります。 

異国からの砂が丁度 積もる場所がたまたま鳥取だったのでしょうか?
どんな理由にしろ 自然の力は不思議ですよね。

投稿: はなこ | 2009年7月 3日 (金) 13時32分

moon3shine 月の砂漠的な。。 鳥取砂丘。。。

そうね~~ confident 道の無いところを 歩くのって。。

どっちに 行っても良いし 自由なんだけど。。。

それだけに。。。 gawksweat02 。。。(人生も。。)

coldsweats01 広いね~~ どこまで 行けばイイの~~ ?!?!

って 感じです。。 happy02


sun帯広の気温35℃ではなく30℃でしたcoldsweats01お詫びして訂正!)

投稿: non non | 2009年7月 3日 (金) 13時33分

鳥取砂丘本当に広大なんですね☆
こんな所に、一人でいたら寂しくなりますねconfident

弟さんや、ハム君の事とかご両親の事思いだしましたかshine

みんなユキンコさんを応援していますよshine
私も、応援していますscissors

頑張ってくださいねheart01

投稿: 渚 | 2009年7月 3日 (金) 14時08分

深夜に出発し、女友達数人と鳥取砂丘の上から登る朝日をみたことがあります。(そんなのばかりですねsweat01)            
でも一人だったら確かに寂しいかもしれません。
昔はラクダがいましたが、今もいましたか?

「こんとあき」(林明子さく)という絵本を見てたら鳥取砂丘が描かれていてとても懐かしくなりました。

投稿: 黄色いつばさ | 2009年7月 3日 (金) 14時15分

砂漠…。「星の王子さま」を思い出しました。この童話も、美しくて、すこし寂しいですconfident

投稿: HB | 2009年7月 3日 (金) 15時51分

鳥取砂丘も 広いんでしょうねconfident
砂漠に 大きな 大きな 文字を描きたいなぁ〜と ずっと 思っていましたconfident
でも それは 禁止 されてるって ニュースで 見た事が ありますsad

知らなかったら 絶対 書いてるよなぁ〜〜と ニュース 見ながら つぶやいていましたsmile

でも せめて、 誰の 足跡もない 綺麗な 砂の上に 自分の 足跡を 付けてみたいなfootfootfootfoot

ゆきんこさん 美しくもあり 寂しくもある その 景色を また 心の アルバムに ため いつか また みせて 下さいねwinksnow

投稿: ははっち | 2009年7月 3日 (金) 18時59分

私も鳥取の砂丘に行ったことがあります。自分の行った事のあるところにゆきんこさんが行く、なんて、嬉しくてたまりません。
これからの、旅もたのしんでいって下さいね。

投稿: はるみ | 2009年7月 3日 (金) 23時02分

こんばんは。

本当に自由であるということには、同時に孤独なことでもあるって、よく聞きます。

ユキンコさんが鳥取砂丘でキャッチした感覚、何となく自分の中の「自由」のイメージと重なりました。

投稿: YKO | 2009年7月 3日 (金) 23時13分

一人のさみしさって何ともいえませんよね。
応援してます。

投稿: ちい | 2009年7月 3日 (金) 23時18分

MAPの上の砂丘と夕陽(かな?…私はそうイメージしました)と人とラクダ、またまたいいなheart04

ユキンコさんがいる砂丘の画像、何度も見てしまいます。
ココロがギュゥって、なぜかとても気になるのは、
寂しげな白い空に続く砂の海岸の美しさのせいではなく、
ふっとしゃがんだその姿…手から落ちる砂を見つめる横顔のせいかもしれません。

厳しい砂丘という環境で生きる命たちもいるんだよなぁなんて、
そんな自然の力強さも思ったりしましたconfident

投稿: haiironeko | 2009年7月 3日 (金) 23時46分

大丈夫ですみんなが遠くにいるようでも、近くに…いや 傍にいますよ

投稿: あつこ | 2009年7月 3日 (金) 23時55分

砂漠の中にポツンと一人でいたら、やっぱりものすごくちっぽけな自分に気づかされて、なんだか気が遠くなりそうです。
それに生物が生きるにはやっぱり水は不可欠なんだろうなと思います。
潤いって大切ですよね。体にも心にも。


ユキンコさんが寂しくなってしまった心情を想像してみました。

でも、どんなに広大な砂漠にいても、どんな大海原に飛び出したとしても、目を閉じれば、空を見上げれば、きっとみんなと繋がっていますよ。


だから、大丈夫、ダイジョウブ。

投稿: suu | 2009年7月 4日 (土) 01時01分

砂漠の上はどんな感じでしたか?僕もいつか行ってみたい場所の一つですm(._.)m。
ユキンコアキラにどんな印象を与えたか分かりませんが、僕は砂漠の虚無感を味わってみたいですm(._.)m。

投稿: Mars | 2009年7月 4日 (土) 06時29分

シルクロードを思わせる一面の砂丘…
旅する者のロマンと孤独の表裏一体を思わせますね
ひとりきり、一握の孤独、サラサラと舞う諸行無常の残滓。
いつか誰も無限の風になる
だから己の意味を残したい、今を愛したい…
思いを賭して
イキル。
ART IS LONG.
ユキンコさんの自由と情熱は、見る人の心の中永遠の輝きになって
砂漠のソノ先ノムコウに溢れています
…何故かそんなイメージが浮かびました
どうか心求めるままに。

投稿: 月永 | 2009年7月 5日 (日) 03時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533459/30386245

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取砂丘から:

« 暗い車内で明るい絵 | トップページ | 岡山県へ上陸 »