« 母の牛、子供の牛 | トップページ | ひたち国際大道芸 »

2008年5月 9日 (金)

ART BOOK

10年前

都内に何軒か

お気に入りの画集の専門

ありましたが、

最近は、少なくなってしまって

ちょっと寂しいです
weep


僕が学生だった時は

池袋にセゾン美術館があって

そこに、品揃えがとても豊富な

お店がありました
book

当時はなかなか画集が買えないので

図書館のようにそこに通っていました。

僕のような学生も多かったので

人気のある作家の画集

立ち読みで

売り物なのに

手あかで汚れてたりして。。。

当時アンドリュー・ワイエスの3万くらい

する画集があって

すごく欲しかったなぁ。 sad

books

渋谷のパルコの地下にある

LIBROという本屋は

よく行くお店です。 run

洋書が充実している

渋谷に行く時は

時間があれば、必ず寄ります。

大きさ、厚さのさまざまな画集が

棚に並んでいるのを見ると

ワクワクするんですよね
happy01


今回は、

スペインリアリズムの画家

アントニオ・ロペス

画集を見つけたので

購入しました。


その後、

代々木公園のベンチに

座って、ゆっくり画集を見て

帰りました。 confident


明日はひたち国際大道芸で

リズムペインティングします


今日感じたことが、

出せたらいいな
shine

トベルハズサ!

Catch!

Line_3

|

« 母の牛、子供の牛 | トップページ | ひたち国際大道芸 »

フィーリングCATCH !」カテゴリの記事

コメント

ワイエスと言えば、今年の11月から12月にかけて
Bunkamuraで展覧会がありますね。楽しみですhappy01

今週末は天気が心配ですが、どうぞお気をつけて
行ってらして下さい。素晴らしいパフォーマンスに
なりますよう、東京から応援しています。

投稿: YC | 2008年5月10日 (土) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533459/20859028

この記事へのトラックバック一覧です: ART BOOK:

« 母の牛、子供の牛 | トップページ | ひたち国際大道芸 »