« NEWジャージで小田原パフォ | トップページ | 季節に合わせてTシャツも »

2008年4月27日 (日)

牛久で再会

父の作品を観るために

今日から開催の全国公募絵画展

『ビエンナーレ うしく』

行ってきました。 train

日暮里から常磐線で約1時間。

ちょっと旅行気分で riceball

会場の牛久市生涯学習センター

に着きました。
ushiku1

ushiku2

たくさんの作品が並ぶ展示会場。 eye

でもなんか感じるんですよね、

体が向いたところに近づくと

「光る午後」 遠藤春生

と書かれてありました。


人がめったに足を踏み入れない

渓谷の小川


その自然の風景の中で強く生きる

植物昆虫たち。 clover

風景画のような、オブジェのような、

生きた標本のような

作品でした。


父が描き続けている山口の風景

とても輝いて見えましたshine

作品を観て

僕は住んでいる東京で

「描かずにはいられないもの」

必ず見つけてみせる

決意しましたconfident


ありがとう

Catch!

Line_3

|

« NEWジャージで小田原パフォ | トップページ | 季節に合わせてTシャツも »

フィーリングCATCH !」カテゴリの記事

コメント

意識していないだけで、もう見つけているんじゃないのかなあ、と思うのですが。描かずにいられないもの。
観てる方からしますと、一貫して見えてくるものが確実にあるんですけどね。
はっきり意識された時、作品はもっともっと輝くんでしょうね。楽しみです。

投稿: ひじり | 2008年4月28日 (月) 00時24分

僕も近いうちに観に行きます♪
良い絵を見て気合い入れなきゃ〜

投稿: ライスバレー | 2008年4月28日 (月) 02時34分

潜んで育んでるような生命キャッチ力はDNAから流れてる。。。
ユキンコアキラはそれを受け継ぎ表わそうと輝いてる・!!!art

描いてることが
「描かずにいられないもの」に出会う道ですね・!

エーーーーーール よ 届け〜〜〜lovelettersign03

投稿: chieko | 2008年4月28日 (月) 13時07分

やっぱり茨城県だったんですね。近いので絶対見に行きますネ!!!
ずーっと気になってました★
また、楽しみ増えました。

投稿: Pink saphaia | 2008年5月 2日 (金) 12時53分

やはり生きた標本でしたflair
やっぱりユキンコさんのお父さんも
迫力の有る方なんだと絵を拝見しまして
思いましたnote
違うジャンルだけど、DNAというか、なんと言うか、やはりユキンコさんのお父さんなんだと、絵画にもそうですが、遠藤春生画伯に光を感じましたよん☆彡
ユキンコさんも輝いているけど、その力はお父さんからも受け継いでいるんですねshine

投稿: Pink saphaia | 2008年5月 9日 (金) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533459/20610454

この記事へのトラックバック一覧です: 牛久で再会:

« NEWジャージで小田原パフォ | トップページ | 季節に合わせてTシャツも »